アウトソーシングの時代

日本に合理化の波がきています。
合理化とは、とどのつまり人に任せれれる仕事はドンドン外注や、アウトソーシングでやってしまうということです。

今回ご紹介するのは、いわゆるセールスアウトソーシングと呼ばれる営業代行業のことです。
不況の今の時代においては、商品の開発力や、地道な研究開発も大事ですが、何よりも企業の「売る力」が試されている時代だと思います。生産拠点は、次々に海外に移ってしまい日本は価格競争力を発展途上国とタッグを組むことによって高める時代に入りました。
そうして企業は、売れる商品や価格について企業努力を行ってきました。

しかしそれだけでは不十分です。BtoC企業においては顕著ですが、BtoB企業においても「売る力」が必要になってきています。つまりBtoB企業においては、広告宣伝とともに営業力が試されてきています。しかし、一から、優秀な営業マンを育てるのは、時間と資源を大量に投下しなければなりません。
心機一転して、拡販営業をする時に、営業力が足りない時は営業代行を利用しましょう。営業代行には、多くの経験豊かな営業スタッフが揃っています。そして、営業代行の業務に不安が有っても、営業日報が上がってくれば、逐一確認ができます。
営業日報は、何も新人が研修がてらにやるものでもありません。営業代行のスタッフの、所見などを聞いて次のステージ行く際の参考にもなるのです。代行を利用するなら、営業日報の制度を整備する必要があるかもしれません。営業日報が、企業に定着していないときちんと機能しな可能性もあります。

企業の「売る力」を高めていく為にも、代行と日報は必要です。

これからの企業拡大のためにも日報システムを導入してペーパーレスを図りませんか?簡単な作業で日報作成が可能なので作業効率化がアップします。

毎日、営業日報を書くのって時間もかかって手間になっていませんか?低コストで代行会社にお任せできたら効率よく仕事ができますよね。